ロッボクラブで学ぶプログラミング|英語Xロボット教室の費用は?

【ロッボクラブ】子どもが夢中で世界につながる、英語×ロボット教室

ロッボクラブ2

子どもの才能を開花させたい 

親なら誰でも望みますよね。

できれば、時代の流れに乗っていくような人材に育てたい。

でも、どんな分野が  そのための費用は

親として、こんな悩みや迷いはありませんか?

時代に合わせることも大事ですが、未来を担う子供にとって本当に大切なことは

想像力×創造力を育てることでしょう。

【ロッボクラブ】(5歳〜15歳対象)は、英語で学ぶプログラミングを通して

子どもの想像力×創造力を育て、論理的思考と問題解決能力を伸ばします。

そのためのメソッドとして、子どもの自主性を重んじて大きな成果をあげ、世界的に注目されるフィンランド式教育を採用しています。

だから【ロッボクラブ】は、世間のロボット教室のように、みんなが同じレゴブロックを渡され、全員同じものを作って、次の週に全員同じプログラムを行う、そういった横並びの教室ではありません。

教室では英語を使います。日本語サポートありなので、英語の知識ゼロからで大丈夫。日本語もできるネイティブの先生から学ぶことで、自然と英語が身についていきます。

国際人に成長していく第一歩になるかも知れません。

【ロッボクラブ】(5歳〜15歳対象)は現在、
オンライン授業:平日も受講できて(1回90分、月4回)14,300円(税込)と

オフライン授業:土曜日、日曜日に渋谷校または福岡校で受講(1回90分、月4回)19,800円(税込)

があります。

※ いずれも教材費は含まれます。詳しくは別項参照。

決して安い費用ではありませんが、この教育投資は子どもの未来を大きく開いてくれる力になるでしょう。

【ロッボクラブ】では無料体験会も実施しています。

英語Xロボット教室「ロッボクラブ」


【ロッボクラブ】が選ばれる3つの理由

ネイティブと英語でプログラミング!

日本語サポートありなので、英語の知識ゼロからで大丈夫です。日本語もできるネイティブの先生から学ぶことで、自然と英語が身についていきます。

 また、インターナショナルスクールに通う生徒や、海外在住の生徒も多く、グローバルな環境の中で成長できます。英語に苦手な子どもも、自然な形で苦手意識を克服する例が少なくありません。
プログラミングだけじゃない!ゴールは無限大!

3Dモデリング、電子回路設計、アプリ開発…

学校の授業で使われるScratchを使ったプログラミングだけでなく、3Dモデリング電子回路設計UnityやPythonでアプリ制作まで学べます。「想像力X創造力」で、ゴールは無限大です。

他の教室のように、全員同じものを作って、全員同じプログラムを行う、そういった教室ではありません。自分の想像力と創造力を駆使して、いろんなものを作っていくことができます。

ロッボのレッスンは、将来「ロボット製作」を可能とするスキル習得を根幹とし、未来のグローバルリーダー・イノベーター(革新者)の輩出を目指しております。

レッスンを通して、より広い世界でより広い視野を得られます。
ロッボクラブ 用語チェック用語の解説参照
グローバルリーダー・イノベーター(革新者)の輩出を目指しています

レッスンを通して、より広い世界でより広い視野を得られます。

STEAM教育で、ひとりひとりのワクワクから可能性を広げます。

 ロシアで生まれ、フィンランドのヘルシンキ大学にて教育プログラムとして昇華されたROBBOの教育システムは、GoogleRISEAwardsやSTARTUPFUKUOKACITYで優勝。

21ヵ国300校以上の学校で採用され、経産省EdTech対象サービスにもなっており、これからのSTEAM教育にまさにマッチしたものと言えるかと思います。

ロッボクラブ 用語解説用語の解説

Scratch(スクラッチ)

MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発して、8〜16歳を対象にした無料の教育プログラミング言語。ブロックを利用する。全世界の登録ユーザーは約6,400万人。日本は78万人。

3Dモデリング

ロッボクラブ 3?モデリング
3次元のオブジェクトまたは形状の数学的表現をソフトウェアを使って作成するプロセスのことです。作成されたオブジェクトは3Dモデルと呼ばれ、映画を始め、テレビ、ビデオゲーム、建築、建設、製品開発、科学、医療などさまざまな業種に使用されます。

電子回路設計

ロッボクラブ電子回路設計
モノが作れても、それを動かしたり、光らせたりするには回路設計が分かっていなければなりません。小学生にも良く分かるように授業を進め、回路設計を勉強し、習得します。

UnityやPython

ともにプログラミング言語。ゲーム制作などをしている人の間ではUnityがよく知られています。

STEAM教育

科学(Science)、技術(Technology)、工学(Engineering)。アート(Art)、数学(Mathematics)の5つの領域を対象とした理数教育に創造性教育を加えた教育理念。知る(探究)とつくる(創造)のサイクルを生み出す、分野横断的な学びです。

経産省EdTech対象サービス

教育(Education)×テクノロジー(Technology)を組み合わせた造語。経済産業省が進める「EdTech導入補助金」は、EdTechソフトやITを活用した教育サービスを学校などに導入実証する事業者に、導入費用の一部を補助する制度。


【ロッボクラブ】料金(税込)

◎教室   : 4回分19,800円 (90分の授業を1か月に4回。1回分4,950円) 
◎オンライン : 4回分14,300円 (90分の授業を1か月に4回。1回分3,575円)

※ 10回払い、20回払い、30回払いを設定してあり、まとめて支払うとお得になります。

◎無料体験レッスン受講後、1週間以内での入会にお得な入会特典があります

1週間以内でのご入会で、
教室での4回分レッスン(19,800円)が16,800円に!

オンラインでの4回分レッスン(14,300円)が11,300円に!

□渋谷教室:渋谷区道玄坂1-21-1 SHIBUYA SOLASTA 3F
  ビジネスエアポート渋谷南平  台店施設内
□福岡市中央区大名1-3-7サウスステージ1ビル3F ウィズスクエア福岡

ロッボクラブ 無料体験はこちら

【ロッボクラブ】の受講内容

ロッボクラブ 光景

《対象》小学1年生〜中学3年生
7〜10才の4年間で3年間コース、また、11〜15才の4年間でアップグレードしたもう一つの3年間コースを履修。
合計6年間の授業を受けれた場合、英語が理解出来るエンジニアの卵の誕生です。

《教科》
小学生:算数・理科
中学生:中学理科
その他:STEAM・プログラミング
英語によるプログラミング・3Dモデリング・電子回路設計の授業。プログラミングだけでは新しいモノは作れない。
3Dモデリングで形としてプリントし、それを電子回路設計で動かす必要があります。

《オンライン授業》
全国より参加可能です。ほぼ毎日夕方6時くらいから90分です。
本来教室のオフラインだとPC含め全てそろっています。オンライン参加では通信環境も含めて自宅でそろえる必要があります。

《学習時間》
1週間に1度、90分のレッスンを年間60回です。年間52週ですから、サマーキャンプやスプリングキャンプで集中的に授業する期間があります。
コロナ下、キャンプが出来ない可能性が高く、少し遅れ気味になる可能性ありますが、コロナ落ち着きしだい追いつく為の施策実施します。

《使用機器》
パソコン(Windows)
パソコン(Mac)
パソコン(Chromebook)
オンラインの場合、PCとインターネットの環境を整えて頂く必要があります。また、教室で揃えているLabやRobotkitは授業の進行状況に応じて貸与致しますが、その期間中は貸与費用が必要です。

《使用ソフト》
マサチューセッツ工科大学が開発したスクラッチに4つの機能を追加したロッボスクラッチを使って学びます。無料でダウンロードします。
また、3Dモデリングと電子回路設計での無料のオープンソースのソフトにアカウントを登録して進めます。

《無料体験》
無料体験レッスンに申込み、会社よりお送りするリンクより無料のソフトをダウンロードします。オンラインで、一緒にどんな感じで学ぶのか60分の体験レッスンに参加できます。

その場合、パソコン、マウスが必要です。オンライン授業なので、パソコンにカメラ・マイクが付いている必要があります。
最初はご両親が使っているパソコンで参加してもらい、気に入れば、4?5万円で買えるパソコンを子ども専用に購入される事をお勧めします。
ロッボクラブ 無料体験はこちら

【ロッボクラブ】のQ&A

ロッボクラブ挿絵2
Q: 親も子どもも英語しゃべれなくても大丈夫?
A: 英語レベルは一切問いませんのでご安心ください。ネイティブ講師は日本語を理解し話すこともできます。
また、レッスン中は日本人も同席しサポート体制は万全です

Q: 親も子供も、パソコンの知識がなくても大丈夫?
A: 経験豊富な講師とスタッフがステップごとに一つずつ説明致しますのでどうぞご安心ください。
対面レッスンではもちろん、オンラインレッスンでも画面を共有したりしながら手取り足取りしっかりとフォロー致します。

Q: ほかのプログラミング教室との違いは何ですか?
A: ロッボのレッスンでは、プログラミングだけでなく、3Dモデリングや電子回路設計まで学べます。
またネイティブの先生と英語で学ぶことができます。

Q: 機材/教材費は別途かかりますか?
A: 機材/教材費は全て料金に含まれています。

Q: 講師はどんな方々ですか?
A: 英語語を母国語とするネイティブ講師です。現在、アメリカ・カナダ・フィリピン出身の講師がいます。

Q: 授業中は親がついている必要がありますか?
A: オフライン(対面レッスン)では、講師とスタッフがサポート致しますので、ご両親の同席は必須ではありません。
  オンラインレッスンに関しましては、生徒の年齢や様子に応じて、レッスン中に親のサポートをお願いする場合があります。  その際もこちらから一つ一つのステップとともにお伝え致しますので、ご安心ください。

Q: オンラインレッスンは、タブレットで参加できますか?
A: 入会の際はパソコンとマウスが必要になります.
体験会であれば、タブレットでも参加は可能です。
ただし、パソコン参加ほどのスムーズな操作ができない可能性があり、タブレットのスペックによっては、ソフトがうまく動かせなかったりする可能性もあります。
ですので、例えばスマートフォンでビデオ会議をして、タブレットでソフトを動かしてもいいかもしれません。
※タブレットで体験会参加申し込みの際は、「タブレット参加希望」と、一言メッセージを送ってください。

【ロッボクラブ】が実践するフィンランド式教育


ロッボクラブ フィンランド
フィンランドでは1970年代から「人材こそ国の宝」という考えの下、教育改革に取り組み、国際学力比較調査「PISA」において、常に上位にランクインしています。過去には総合1位を獲得したことが話題になりました。
その教育は、勉強時間ではなく質を高める教育方法にあります。

小学校に入学する前の1年間、6歳児対象の就学前教育(プリスクール)があります。
完全無償で、読み書きや数学、社会道徳などを学びます。


「すべての子どもがわかるまで」を基本に、平等な教育が徹底されています。
学習に困難が生じている子どもには、即座に特別支援教育によるケアが実施されます。
このように、分からない事柄へのフォローが手厚いため、勉強嫌いになる子どもは少ないそうです。

年間授業日数は約190日で、経済協力開発機構(OECD)加盟国の中で最も少なく、日本と比べると40日ほど少ないことになります。小学生の間は宿題やテストもほとんどありません。また、日本のように塾がないため、校外で勉強することがありません。

家での勉強時間も他の国と比べると少ないです。そうすることによって、子どもたちは、オンオフを意識し、自発的に勉強に取り組めるようにモチベーションを保つことができているのです

フィンランド教育では、子どもたちの学力を高めるために様々な工夫があります。子どもたちが好奇心をもって楽しく学べるようにすることを大切にしています。

日本のように高校入学のための試験はありません。入学試験がない代わりに、9年の義務教育期間中の成績の平均点で希望の高校の合否が決まります。

生徒は希望の高校を5つ選び、成績のよい順に希望の高い高校へと進みます。義務教育期間中の成績はペーパーテストだけでなく、日々の学習の取り組みや成果も評価対象となっています。


「テストの点や順位のために勉強するのではなく、自分のために学ぶことが教育の根本である」という考え方から、このような方針で教育が行われています。

そのほか、子どもの自主性に任せる教育が行われるため、成長した後も自分自身の創意工夫を大事にします。就職後も会社では効率性を大切にし、任された仕事を効率的に達成することを考えられるようになります。

また、ワークライフバランスを大切にし、家族と一緒にいる時間を重視する姿勢も、競争社会とは無縁の環境で暮らしてきたことが土台になっていると考えられています。


人口600万人弱のフィンランドが「国民の幸福度」「教育レベル」「福祉」等の分野でトップランクに入っているのは、国を挙げて素晴らしい教育改革を行ったからなのです。
英語Xロボット教室「ロッボクラブ」

【ロッボクラブ】に子どもが通う保護者の声 (公式サイトより)

ロッボクラブ光景2
パソコンのスキルが無かったにも関わらず、今は大人同様に使いこなせ、果敢に挑戦し努力しているので、成長を感じています。 小3女の子の保護者

先生方とのコミュニケーションを毎回楽しみ、小学3年生では、通常得られないような数学等の知識も学べ、大変楽しんでいます。また、英語でのレッスンも刺激的で、今まで習った全てのレッスンが好きなようで、お気に入りのレッスンは選ぶ事が出来ないようです。

毎回、新しい事を学ぶにも関わらず、子供扱いせず、分かりやすく、丁寧に教えて下さるので、とても感謝しています。プログラミングやロボットだけでなく、パソコンスキルや、数式(数学)、英語での表現等、多岐に渡り、決められた時間内に、都度、理解できているので、素晴らしい先生方だと驚いています。

色々な経験や知識を得て、視野を広げた大人になって欲しいです。
先生達と英語と日本語を混ぜながらの授業ですが、楽しそうに「OK!」と2人とも毎週参加しています。 小6女の子と小3男の子の保護者

「わたし、アメリカでロボット開発会社を起業したいのよ」そんな夢を持った娘は最初、別のロボット教室で学んでいたのですが、工作っぽい授業に物足りなさを感じて、もっとロボットの核となる仕組みが学べるところを探していました。そんな中、昨年の今頃ROBBOを知り即入会しました。お姉ちゃんの姿を見てきた弟もやってみたいと言って一緒に入会しました。

最初はオンラインで始まりましたが、プログラム画面を共有して基礎から行なって頂き、当時小学2年生の息子には難しい算数的な話も根気よく教えてくれました。オフライン授業になってからは、実際ROBBOのツールを使用しながら仕組みを学んでいき、カラキュラムがとてもしっかりと練り込まれていました。3Dのモデリングや電子回路をつくる工程もあって、大人でも物珍しく2人がつくったものを見ています。
子供にとっては難しくて投げ出したくなるような状況でも、周囲のサポートを得て乗り越えていける経験を通じて、挑戦し続ける逞しさ、試行錯誤する思考力や忍耐力、段階を経てステップアップしていく達成感などを得ているように思います。 小3男の子の保護者

最初はかなり四苦八苦しましたが、キャッチアップレッスンや接続練習など、きめ細かなケアをしていただき、回を重ねる毎に子供も成長し手応えを感じるようになりました。いつもポジティブでフレンドリーな雰囲気で、きめ細やかなご指導をしていただき、大変満足しております。
最初は、子供がPCやロッボスクラッチの操作に不慣れだったり、親のITリテラシーの低さから充分なサポートができなかったりで、レッスンの進行自体が危ぶまれた時期もありましたが、レッスン回数を重ねる毎にそんな遠い日々を懐かしく感じるほど(笑)、子供が主体的にレッスンに取り組めている様子を見るにつけ、ロッボクラブさんの授業の設計や進行の素晴らしさに大変満足しております。

答えや正解のない予測不可能な困難な状況でも、自分の頭で考え、常に新しい物事にも対応し学び続ける事ができ、信念や情熱をもって、自分や周りを大事にして温かく穏やかに包み込むような人になって欲しいと願っています。究極的には、社会的課題の解決や人類の未来に寄与できるくらいの人材に育ってくれたら最高ですね。
PCのコントロール含め、7歳でスクラッチを理解出来るのかなと思いましたが、なんとか間違いながらも少しづつ理解出来るようになってきました。 先生も丁寧に教えてくださるので、レッスンは楽しいようです
小1男の子の保護者

ロッボクラブを通して、ロボットを動かすプログラミングは楽しめているようです。自分で思考し、どう動かせば良いのかも少しずつですが理解出来てきました。続けることによって、論理的に考える力、思考力を伸ばして課題解決力やクリエイティブな発想、創造力を伸ばしていきたいと考えています。使える語彙がまだ少ないですが、英語で伝える力、英語での理解も期待します。

将来、どんな仕事をするにしても、課題解決力や論理的思考はとても重要だと考えています。
集中力と想像力を得ているように感じます。 小5女の子と小3男の子の保護者

楽しいと言っています。全ての授業が好きなようですが、現在行っている授業は、特に楽しい様です。

ネイティブの講師の方も入れて英語と日本語で、とてもしっかり、丁寧に教えて下さるので、満足しています。
教室も日の当たる静かな環境で、子供達も集中して、授業に参加できているように感じます。大きなモニターを利用して授業をしているところも子供達にも分かりやすくて、良いな。と感じています。子供たちは教材にも興味津々で、STEAM教育、ロボット工学を教えてくれる授業に満足しています。

これからも、子供達の成長を一緒に見守ってご指導いただけましたら、幸いです。どうぞよろしくお願いします。


【ロッボクラブ】まとめ

ロッボクラブ 挿絵5

子どもの自主性を尊重して才能を伸ばしてあげたい・・・そうは思っていても、なかなか実行できないのではないでしょうか。

英語×ロボット教室の【ロッボクラブ】は、子どもたちに教育の最良の場を提供します。

画一的に同じものを作り、横並びで教えるのではありません。

子どもたちの可能性を広げえる教育として世界的に評価が高いフィンランド式教育メソッドを採用して、想像力×創造力を伸ばします。

そこで身に付く論理的思考力と問題解決能力は、子どもたちにとって一生の財産になることでしょう。

また指導の中でネイティブが使う英語も、英語に対する子供たちの親しみを育てえるに違いありません。
英語Xロボット教室「ロッボクラブ」